宮古島生もずくとは?

Home 宮古島生もずくとは?

宮古島生もずくとは?

もずくの種類あれこれ

 皆さんが普段よく食べているもずくには「モズク(通称:糸もずく)」「オキナワモズク(通称:太もずく)」の2種類があります。
「モズク」は、能登半島や山陰沿岸に自生し、口当たりがなめらかなのが特徴です。
「オキナワモズク」は、沖縄など南西諸島の温暖な海で生育する特有のもずくで、本土ではほとんど見られません。
豊富なヌメリがあり、歯切れがよく、コリコリッとした歯ごたえがあるのが特徴です。
また、他のもずくよりもフコイダンを多く含んでいることも見逃せない特徴です。
「オキナワモズク」は栄養価も高く食感も良いことから、国内での消費は90%以上が「オキナワモズク」になります。

「宮古島生もずく」は、サンゴ礁で形成された日本一きれいな海と言われている宮古島で取れた生の「オキナワモズク」をブランド化したものです。

もずくの収穫 もずくの収穫

従来のもずくとの違い

宮古島生もずくは栄養価が違う!!

 現在全国に流通しているカップもずくの多くは、収穫後に塩蔵したもずくから作られた味付けもずくです。
塩蔵モズクは塩漬け加工を行う為常温での長期保存ができるのですが、味付けする際に脱塩する必要があり、この行程によってもずく本来が持っているフコイダンやミネラルなどの有用成分の多くを失います。
また、水ぶくれの状態であるため、特徴であるシャキシャキの歯ごたえ、コシも感じられません。
さらにいえば、市場に出回るもずくはとれてから1~2年後、中には3年後というものまであります。
弊社が取り扱うもずく商品は、収穫直後に洗浄した宮古島生もずくを凍結保管して原料とします。
塩蔵も脱塩も行わないので、豊富な栄養・おいしさはとれたてそのものの状態で皆様の食卓にお届けすることができます。

従来の塩蔵もずくと宮古島生もずくの違い
  従来の塩蔵もずく 宮古島生もずく
原料の状態 塩蔵 冷凍
有用成分の含有 塩蔵と脱塩で大幅に減少 生の成分を含有の為有用成分豊富
食感 歯ごたえが無い 良い歯ごたえ
トレーサビリティ 不可能 可能 (生産者の特定が可能)‏
塩分量 塩漬けによる高い塩分量 海水の塩分のみ‏
用途・メニュー 主に加工食品に利用の為そのまま食べる 好みの味付けが可能で、料理の素材にできる。
(天ぷら、味噌汁の具等)